これから社労士になろうと思われているのなら、求人がどのくらいあるのか知っておいた方が良いでしょう。 実際に求人を探してみると分かると思いますが、「社労士歓迎」と書いているところはあるかもしれませんが、社労士として求人募集をしている一般企業は少ないです。 もし、社労士として本格的に仕事をしたいのであれば、社会保険労務士事務所の求人を探した方がいいかもしれません。 社会保険労務士事務所であれば、社労士の知識を生かして仕事を行うことができます。 一般企業の場合だと、社労士を雇ってもいつか独立されてしまうかもしれないという不安があるため、積極的に社労士として採用するところは少ないのです。 ただ、社労士の資格を持っていると、就職には非常に有利でしょう。 企業としても社会保障制度に詳しい人が一人いると全く違うので、社労士の資格取得者は重宝されます。 その場合は、社労士としてではなく、一般社員と同じ扱いになるため、給料も仕事も他の人と変りません。 しかし、それでも一般企業の方が社会保険労務士事務所に勤めるよりも給料が高いことが多いです。